あの扉の先を見に行こう

扉の先通信

※オトナの事情により、このブログにはいくつかのウソが混じっています

旅情報 皆既日食 行ってみた

2012 オーストラリア皆既日食の思い出【中編】

投稿日:2015年6月17日 更新日:

2012年11月12日

ぐっすり眠った翌朝。皆既日食の時間に太陽がどんな高さ・位置にあるのかを調べるべく、海まで車で走っていきました(本当なら目の前が海のハズだったのに・・・)。

PB120002

大きな雲はあるけど晴れ間も見えて、すでに太陽は高い位置にありました。皆既の瞬間はもっと水平線に近い位置かと思ってたけど、ちょうど斜めに見上げるくらいの高さです。なるほどー。さらにパームコーブのビーチからは、近くにある島や山に太陽がかかることなく、うまくいけば日の出~皆既日食まで全部キッチリ見えるようです。

太陽チェックも終わったし、軽く散歩でもして宿へ帰ろうかとしてたそのとき・・・あれ? なんだか赤い集団がいるぞ?

なんと偶然にも、大阪・南船場の赤いアーティスト 浜崎健さんたちと出会ったのでした。一応合流予定ではあったけど、俺はてっきりもう一日遅い時間に到着するもんだと思っていたためお互いビックリ。やはり、会う人とはほっといても会うもんです。

そのままケンさんたちをホテルに迎え、軽い朝食とダラダラタイム。役者がそろってきました!

Innot Hot Springsへ

遅めの巨大ハンバーガーランチを食べた午後、今日はどう過ごしてみよう?これからアクティビティ的な観光をするには時間が足らないし・・・と考えていたら閃きました。ここから2時間半くらい走った先に「Innot Hot Springs」という、川が温泉になっているところがあるらしいのです。昼間は直射日光が暑すぎて入れないため、ちょうど日没あたりがオススメというこの温泉。今から出発すればベストな時間な予感!せっかくのレンタカーだし、Innot Hot Springsを目指すことにします。

PB120006

Innot Hot Springsへの道中、とんでもない大雨に降られたり、巨大な虹が出たり、牛や馬やカンガルーがいたり、オーストラリアの雄大な自然を満喫できました。どこまでも続く一本道は、ちょっとだけバーニングマン会場への道を思い出させてくれ、途中でアイスを買ったりしながら、楽しく走りまくりました。

PB120007

そしてカーナビが示す場所・・・こ、これがInnot Hot Springs!!!!!!! 一見ただの浅い川!!!! しかし湯気も出ており間違いなさそう!

PB120012

Innot Hot Springsは浅い川のため、ワニのように這いつくばって入浴するようです。

Innot Hot Springsを大満喫

Innot Hot Springsは極端に熱い場所といい具合の場所と冷たい川の水と、バランスを見つつ自分たちで穴を掘ったりしながら入れる最高の温泉でした。

PB120014

極端に熱い場所へワインのボトルを突っ込んでホットワインを作ります。頭の上には抜けるような空。少しずつ日が暮れて行き、満天の星空の下で温泉を満喫できました。まだオーストラリアへ着いたばかりなのに、皆既日食もまだなのに、なんだかずいぶん「いい旅をした」という感じになってきました。

2012-11-12-18.26.48

そーとー長い時間Innot Hot Springsに滞在した後、途中のマクドナルドでハンバーガーなんかを買い、宿に戻ってきました。そのまま眠るかと思ったら・・・明日は皆既日食に備えて早く寝なきゃだろうし、遊ぶのは今夜しかない!ということでプールやジャグジーで延々と遊んでいました。

【関連】2012 オーストラリア皆既日食の思い出【後編】

CBDオイル正規輸入販売 CBDLAB
cbdfx-terpenes-zero-set-banner

フォローする

-旅情報, 皆既日食, 行ってみた
-, ,

Copyright© 扉の先通信 , 2020 All Rights Reserved.