あの扉の先を見に行こう

扉の先通信

※オトナの事情により、このブログにはいくつかのウソが混じっています

PC/スマホ

無料でWordやExcelを使う方法

投稿日:2015年9月26日 更新日:

仕事で必須の「ワード」や「エクセル」。ソフトを新品で購入すると、どうしても高額になっていましたが、合法的に無料で使える方法をご紹介します。WindowsでもMacでも大丈夫です。

1. ブラウザソフト Chromeを用意しましょう

まず最初に、無料ブラウザソフト「Google Chrome」をインストールします。

スクリーンショット 2015-10-26 17.30.17

https://www.google.co.jp/chrome/

2. Chrome ウェブストアへアクセスします

Google Chromeから「Chrome ウェブストア」へアクセスします。

Chrome-ウェブストア---アプリ

https://chrome.google.com/webstore/

3. 検索窓からWordやエクセルを検索します

左上にある検索窓へ「Word」「Excel」などの単語を入れて検索します。

Word-Online---Chrome-ウェブストア

Word Online

Excel-Online---Chrome-ウェブストア

Excel Online

ほかにも、プレゼンソフトの「PowerPoint Online」、メモソフトの「OneNote Online」があります。

右上に「Chromeに追加」というボタンがあるので、そのボタンを押すとアプリがインストールされます。

4. Chromeからアプリを起動します

これらのオフィスソフトは、「Google Chrome」のブラウザ内で動作するアプリです。マイクロソフト社が制作しているので、市販のソフトと比較しても再現性は非常に高いです。

Chromeアプリ ランチャー」を使うことで、ほかのソフトと同じようにデスクトップ(Dock)から簡単に起動することができるようになります。

スクリーンショット 2015-10-26 17.46.03

5. データはOneDrive上かDropbox上に置いておきます

すでに作成してあるワードやエクセルのファイルを開きたいときには、ちょっと面倒ですが「OneDrive」や「Dropbox」というクラウド上にファイルが置いてある必要があります。

どちらも簡単にアカウントを作れるので、まだ持っていない方は作ってみましょう。

6. 無料でワードやエクセルを使ってみましょう!

初回起動時に、マイクロソフトのアカウントでログインするか、新規で作成する画面が出てきます。アカウント作成は無料なので、持っていない方は作成して進みましょう。

Microsoft-Word-Online---Word-文書で共同作業

7. データは自動的に保存されます

アプリを使っていると「どこで保存するの?」とすぐに心配になるかもですが、オフィスオンラインなら、常に自動的にファイルが保存されます。保存のし忘れがないのでとても安心です。

※使用するときにはインターネットへ接続されている必要があります。

※無料で利用できるのは非商用利用に限ります。会社で使う場合は有料版を使いましょう

CBDオイル正規輸入販売 CBDLAB
cbdfx-terpenes-zero-set-banner

フォローする

-PC/スマホ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 扉の先通信 , 2019 All Rights Reserved.