あの扉の先を見に行こう

扉の先通信

※オトナの事情により、このブログにはいくつかのウソが混じっています

サイケデリクス

数百円のアレを使えば、CBDの吸収率が3倍以上に!!!!!!!【レビュー】

投稿日:

vapemania728*90

産業用大麻(ヘンプ)から抽出される「カンナビジオール(CBD)」を配合した「CBDオイル」が人気です。私も長年いろいろと愛用していますが、ひょっとしたら「思ったほど効果を感じなかった」という人もいるかもしれません。

そんな方に・・・数百円のアレを使えば、CBDの吸収率が3倍以上になるよ!というアイデアをブログでご紹介します。ホント、圧倒的に変わります。

CBDの吸収率について

まず「CBDの吸収率」について説明させていただきます。

摂取したCBD成分が身体の血流にどれだけ乗るか(吸収されるか)は、実は摂取方法によって大きく異なっています。

CBDオイルメーカー・エンドカ社のデータによると、CBDオイルのような飲用(Oral)では吸収率が20%、CBDリキッドのような喫煙・吸入(Inhalation)では30%なのに対し、直腸(Rectal)からの摂取であれば驚異の60%強の吸収率があるとされています。

anal

画像引用元:https://www.endoca.com/blog/suppositories-effective-take-cbd/

乱暴に言えば、CBDオイルは口から入れるより、お尻に挿れた方が3倍のメリットが期待できるというわけです。

実際、上記のエンドカ社は「座薬タイプのCBDオイル」を製造・販売しており、過去に少しだけ日本でも流通していました。しかし、日本においてCBD製品は「健康食品」として輸入認可を得ており、「座薬は食品ではない」ということで、輸入ができなくなったようです。そりゃごもっとも・・・。

では、CBDオイルを使って自分で座薬を作れば解決か?と言うと、なかなか難しいでしょう。

うーんこ まった。

このとき、ふと閃きました。

「胃で溶けずに腸で溶ける」という薬があったじゃないか、と。

CBDが胃酸に負けずに腸まで届けば、アナルから座薬を挿入するのと同じことになるのでは・・・?

そして、それを実現できる「腸溶性」の空カプセルを見つけました!コレです!

腸溶性の空カプセル

腸溶性の空カプセルとは、その名の通り「胃で溶けずに腸で溶ける」ように設計された空のカプセルです。中身は入っていないので、好きなものを入れられます。

小林カプセル 耐酸性カプセル DRcaps 規格:3号 基準内容量:0.27/0.12g サイズ(内径×充填後全長):5.0×15.5

いろいろなサイズがあったけど、「3号」という小さなサイズにしました。税込み712円と安いです!(送料は630円)。

注文してから約7日、ようやく届きました。なかなかのんびりな配送でした。

空のカプセルがみっちり。

直径 5mm、長さ1.5cmくらい。飲みやすいサイズです。

CBDの腸溶性カプセルを作ってみた

カプセルの中には、喫煙摂取用以外のさまざまなCBD製品を入れられます。

まず、一般的なCBDオイル

画像が分かりにくくて恐縮ですが、オイルのスポイトの先っぽがカプセルのサイズとピッタリなので、こぼすことなく挿入できます。

フタをして完成!内側にオイルが入っても、カプセルが溶けるようなことはありませんでした。

CBDの純粋な結晶粉末「CBDクリスタル」であれば、パウダー状になっているので、スパーテルですくって・・・

こんな感じで完成です。

メディカルグレードのCBDペースト「ファーマヘンプ 40% CBD Golden Amber Paste CBD2000mg/5ml」も、CBDペーストの先端とカプセルのサイズがぴったりです。このままむにゅーっと抽出して・・・

フタを付けて完成!これで0.25mlくらいの量です。

いっぱい作ってみました。

カプセルひとつにつき0.25mlのCBDペーストを入れるとして、「ファーマヘンプ 40% CBD Golden Amber Paste CBD2000mg/5ml」なら20カプセル作れる計算ですね。32,400円で販売されているから、1カプセル 約1,620円。まぁ、まったく安くはないけれど「ここぞ!」というときに使うなら、アリかもしれません。

CBD入りの腸溶性カプセルを飲んでみた

カプセルにしてしまえば、ぶっちゃけCBDオイルもCBDクリスタルもCBDペーストも違いはありません。CBDオイルの味が苦手!という人でも、難なく飲めます。

ごっくん( ๑´・ᴗ・`๑) ❤

当然ながら、即効性はありません。飲んだ瞬間には何も感じません。

「胃で溶けずに腸で溶けるのって、どのくらい時間かかるのかなー」とボンやり過ごし・・・

約2時間くらい経過したころ、CBDのメリットを体感し始めました。

CBD入りの腸溶性カプセルの感想

いやーーーー、ふつうに飲むのとまっっっったく違います。さすが3倍の吸収率。ずっしりと体感できました。我ながら、すげぇアイデアだと思います。

シンプルなCBDオイルでも、「これ、こんなに強かったっけ?」と思わせる効き方だったし、メディカルグレードのCBDペーストはさすがのクオリティ。

作用時間も、ふつうに飲むのよりずっっっっと長いように感じました。

CBD腸溶性カプセルのまとめ

CBD腸溶性カプセルのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

  • 少ないCBDでも強く体感できる(個人の感想です)
  • CBDの風味を感じずに摂取できる
  • カプセルに入れてしまえば、保管・運搬が簡単

デメリット

  • カプセルを作る手間がかかる
  • 即効性はない
  • 腸で溶けるまでの時間を意識する必要がある

個人的には十分すぎるほど「アリ」です。CBDの新しい可能性が見えたように思えます。

数百円で買える腸溶性の空カプセル。ご興味ありましたらお試しあれ!

※CBD製品は「医薬品」ではなく、「健康食品(サプリメント)」です
※自作したカプセルを他人に譲渡・販売すると微妙な法律に触れるかもしれません。自分のためだけに製造・使用してください

CBDオイル正規輸入販売 CBDLAB
cbdfx-terpenes-zero-set-banner

フォローする

-サイケデリクス
-, , , , , , , ,

Copyright© 扉の先通信 , 2019 All Rights Reserved.