あの扉の先を見に行こう

扉の先通信

※オトナの事情により、このブログにはいくつかのウソが混じっています

CBDクリスタル CBDリキッド

自作CBDリキッド - クリスタルを溶かして濃いめのリキッドを作ってみた

投稿日:2018年4月12日 更新日:

vapemania728*90

産業用大麻(ヘンプ)から作られるCBDオイルなど、CBD製品が日本でも人気になりました。私もCBD製品を使いまくって約3年半。すっかり日常の一部です。

夜の寝る前はオイル状のCBDオイルを摂取することが多く、日中はヴェポライザーでCBDリキッドを喫煙摂取することが多いです。「JUSTFOG FOG1」をいつも持ち歩いています。

JUSTFOG FOG1 Color:Black
価格 4,380円(税込)

で、ヴェポライザー用のCBDリキッドもたくさんのバリエーションがあるけれど・・・もうちょっと「濃い」のが欲しくて、自作することにしました。

CBDリキッドの作り方

市販されているCBDリキッドは、純度の高いCBDの結晶粉末(クリスタル)をプロピレングリコール(PG)やVG(植物性グリセリン)に溶かして作られています。

まず、CBDの結晶粉末(クリスタル)ってのはこんなので・・・

CBD クリスタル CBD 1000mg/1g
価格 16,800円(税込)

プロピレングリコール(PG)はこれ・・・

VG(植物性グリセリン)はこれ・・・

たとえば、10mlのPGに300mgのCBD 結晶粉末(クリスタル)を溶かせば、濃度3%のCBDリキッドが完成します。これと同じ感じですね。

同じようにPG・VGを使って自作してもよいのですが、市販されているPG・VGは300mlとかの大容量なので、CBDリキッドを作るには余りまくるのが難点です。分けっこできる女の子もいないし、もっと小分けにして欲しい・・・。

というわけで、よりお手軽に手ヌキをして「すでに市販されているCBDリキッドへCBDの結晶粉末(クリスタル)を追加で入れる」ことにしました。

前述の濃度3%のCBDリキッドなら、さらに300mgのCBD 結晶粉末(クリスタル)を追加すれば濃度6%になるわけです。

CBDリキッドへCBD結晶粉末を追加してみた

ではまず、ベースとなるCBDリキッドを用意しました。初恋の香りがするこちらです。

CBDの結晶粉末(クリスタル)はファーマヘンプ社のこちら。

リキッドの中にCBDクリスタルをそのままぽいっと入れてみたところ・・・・

溶けません!!!!!!!(画像で分かりにくくてスミマセン)

ビンを振りまくっても、まったく溶けた様子がなく・・・砂糖のようにはいかないものですね。

というわけで、ローションを温めるように湯煎してみることにしました。

小鍋にお湯を沸かし・・・

CBD結晶入りのCBDリキッドをやさしく入れます。

・・・最初は恐る恐るやっていたけれど、湯煎でもなかなか溶けませんでした。最終的に「CBDリキッドのビンがしっかりお湯に浸かるようにして弱火で加熱」を試したところ、ようやく溶けました!

加熱しすぎると危険があるかもなので、火加減に注意しつつ、少しずつ試してみるのがよいと思います。

やっと吸えるワー。

自作CBDリキッドを吸ってた

では、早速吸ってみましょう。

ヴェポライザーへポタポタと入れます。いつもより、明らかにリキッドが白濁しています。

浸透するまでしばらく待って・・・

ぷかー( ・x・)y─┛~~~

味はベースとなっているCBDリキッドそのままです。ヘンになってません。吐き出す煙の量が少し減ったように感じつつ・・・

いやいや!!!!!!!!! これ濃いな!!!!!!!!!

ちょっと適当に作りすぎたのかもです。いままでのどんなCBDリキッドよりも強いメリットを感じてしまいました。一服でふはーという感じです。リキッドでこんなに濃くできるのかー!

自作CBDリキッドのコスパについて

湯煎する手間はありつつ、自作CBDリキッドのコスパはどうなのでしょう。市販されているCBDリキッドは、もっともコスパが高いものでもCBD 1000mg製品が12,800円します。

CBDの結晶粉末で最安はヘンプメッズ社 RSHOシリーズ。CBD 1000mgで9,800円です。

溶剤とするPGを850円で買って、適当なビンで9,800円の結晶粉末を溶かせば・・・市販のものより、ちょっとだけ安く作れますね。

自作CBDリキッドのメリット

自作CBDリキッドのメリットは、コスパだけでなく超高濃度なCBDリキッドを作れるという点です。

市販品の場合、もっとも高濃度なCBDリキッドでも濃度は5%です。

自作の場合、10mlのPGに1000mgの結晶粉末を湯煎で溶かせば10%のCBDリキッドが完成します。5mlのPGに1000mgなら、20%というメディカルグレード級の超高濃度なリキッドになります。

CBDリキッドの喫煙摂取はCBDオイルの経口摂取に比べてバイオアベイラビリティが1.5倍程度高いため、効率よくCBDを体内に届けることができます。下図の一番左が経口、真ん中が喫煙、一番右は直腸摂取です。

anal

画像引用元:https://www.endoca.com/blog/suppositories-effective-take-cbd/

メリットを感じるまでの時間も、経口摂取のCBDオイルに比べると早いです。

湯煎の手間はかかるけど、「わーい 溶けた溶けた♪」みたいなのも楽しいし、自作CBDリキッドはオススメです!ただし、火の取り扱いには十分注意し、濃度を濃くしすぎるのにも注意しましょう。

これからもCBD製品の可能性を追求してみます!

追記。
自作CBDリキッドは時間が経つとどんどんまた結晶化していくので、すぐ吸う分だけをヴェポライザーに入れるのがオススメです。結晶化したらまた湯煎で溶かしましょう。

vapemania-fullcbdset-banner

おすすめの記事

1

大麻から作られた「CBDオイル」が到着したので使ってみました。新しい可能性を感じさせてくれる体験でした。

2

2018年の最後に・・・濃度30%かつテルペン入りのCBDリキッドが登場しました。レビューです!

3

大麻や覚醒剤、MDMAなどを摂取した後、尿検査や毛髪検査、血液・唾液での検査でどのくらいの期間まで検出されるのかを一覧にしました。

4

CBDのコンセントレート「ワックス」がファーマヘンプ社から登場!驚異の57%濃度です。

5

みんな悩んで困って大きくなった。サイケデリック中二病の生態を紹介するコーナーです。

-CBDクリスタル, CBDリキッド
-, , , , ,

Copyright© 扉の先通信 , 2019 All Rights Reserved.