あの扉の先を見に行こう

扉の先通信

※オトナの事情により、このブログにはいくつかのウソが混じっています

CBDリキッド

NATUuR テルペン入りCBDリキッド 一気にレビュー!

投稿日:

vapemania728*90

オランダ・NATUuR社から登場したテルペン入りCBDリキッド。CBD濃度は4.2%ながら、テルペンの作用のおかげか、なかなかしっかりメリットを楽しめるシリーズとなっています。

NATUuR社のCBDリキッドは、いわゆるマリファナの銘品を模しているため、ぶっちゃけふつーの人にはフレーバーが想像しづらいものとなっています。

というわけで・・・NATUuRのテルペン入りCBDリキッドを一気に試してみました!

NATUuRのテルペン入りCBDリキッドとは

ヴェポライザーという喫煙器具を使って喫煙(吸引)してCBD(カンナビジオール)を摂取できるのが、CBDリキッド。

経口摂取のCBDオイルと違って、さまざまなフレーバー(風味)が付けられていて、喫煙行為そのものを楽しむことができるのが大きな特徴です。さらに、NATUuR テルペン入りシリーズは「テルペン」という大麻草の微細な成分まで大切に含められています。

NATUuRのCBDリキッドはマリファナの銘品のフレーバーに似せて作られています。もちろん、「似せて」いるだけなので、本物のように(日本では違法な)THC成分は入っていませんし、実際に使用されている大麻の品種は本物とは異なっています。あくまで「ぽい」です。

ローションにもいろんなフレーバーあるじゃないすか。あれ的なノリですかね。

・・・冒頭からこんな調子で大丈夫なのか・・・それではいってみましょう。One, Two, Ready Steady GO!!!!!

NATUuR CBD E-Liquid with TERPENES 420#AK-47

まず、旧ソ連が開発したアサルトライフルとしても有名な「AK-47」と同じ名前のコチラ。マリファナ大賞を決める大会「カンナビスカップ」でも、何度も賞に輝いている銘品です。ほのかにフラワーちっくで、なんとなく子供のお菓子のようなフレーバーでした。個別でもレビューしています。

NATUuR CBD E-Liquid with TERPENES 420#MANGO KUSH

マリファナブランドの「MANGO KUSH」はTHC優位でCBDはごくわずかにしか含まれていませんが、もちろんこちらはTHCゼロの合法的な製品です。吸い心地が軽くて、後味はほどよくフルーティ。マンゴージュースを飲み終わった後のストローで空気を吸っているような感じです。

ワリと万人受けしそうな気がします。マンコー好きは要チェック!

NATUuR CBD E-Liquid with TERPENES 420#TANGIE OG

タンジェリンとはミカンの仲間みたいなフルーツのこと。90年代に人気のあったTangerine Dreamの派生バージョンで、カリフォルニアオレンジとスカンクのハイブリッドです。吸い心地はなんとも爽やか。柑橘系というか、スイカっぽくも感じました。まぁ、私の味覚がアホなのかもです。味覚障害には亜鉛が効くそうです。そして亜鉛を取ると精液がドバドバに増えるそうです。よいことづくめ!!!!!!!

NATUuR CBD E-Liquid with TERPENES 420#GELATO

Leaflyが選ぶ2018年の「Strain of the Year」に選ばれたほどの大人気フレーバー「GELATO」。

【外部サイト】Leafly's 2018 Strain of the Year | Leafly

フレーバーとしては、どことなくかき氷っぽい甘く爽やかな香りで、美人OLが乗ったあとのエレベーターにいるような心地よさです。そういや、マイクロソフトの本社にあるエレベーターに乗ったら巨大な消臭剤が置いてありました。まぁ・・・技術者はね・・・汗かいた分だけ成長するからね・・・

プカプカ吸っていると、それだけでちょっと幸せな気持ちになりつつ、美人OLと過ごす島耕作的な人生とは・・・無縁だったな・・・と、ちょっと切なくなりました。スーツなんて持ってないしね俺・・・。

NATUuR CBD E-Liquid with TERPENES 420#MaryJane

「MariJuana」という英語のスペルま「MaryJane」と見間違えるということで、MaryJaneはマリファナの隠語になったそうです。というわけで、こちらはシンプルなヘンプフレーバー。特に何も言うことがなく、この先どうやって文字数を稼ごうか悩ましくなるフレーバーです。

基本の一本道ということで、とりあえず手元に置いておきたいですね。

NATUuRのテルペン入りCBDリキッドまとめ

というわけで、相変わらず役に立つような立たないような駄文だらけの3,000文字ですが、個人的なイチオシは・・・「GELATO」ですね。本物がLeaflyで大人気なのも納得のおいしさです。

CBDリキッドに求めるフレーバーって、「シャープな爽快感」とか「幸せな甘さ」とか「とにかく青臭いの」とか、いろいろあると思います。個人的にはCBDリキッドを使いたくなる場面は「ほっこり休みたいワー」というタイミングなので、幸せな甘さを求めてしまいますね。

気分転換にはメンソール系なのだろうけど、まぁ寒い季節ですし、いまの気分は布団に入ってほっこり幸せに生きたいものです。ヴェポライザー+CBDリキッドはタバコと違って火事になる危険性も低いし、匂いが部屋や身体に残りにくいので室内で吸っても安心です。

2019年、どんな新商品が登場するのか楽しみです!!!!!!!

CBDオイル正規輸入販売 CBDLAB
cbdfx-terpenes-zero-set-banner

フォローする

-CBDリキッド
-, , , , , ,

Copyright© 扉の先通信 , 2019 All Rights Reserved.