あの扉の先を見に行こう

扉の先通信

※オトナの事情により、このブログにはいくつかのウソが混じっています

CBDオイル

AZTECはやっぱりスゴかった。久しぶりのフルスペクトラムCBDオイルレビュー

投稿日:

イギリスのAZTEC社と上野のVapeManiaのダブルネームで登場した「ブロードスペクトラム CBDワックス 和み -Nagomi-」は、約90%という超高濃度と、母親の目を気にしてしまうほどの上質なフレーバーで、一部の好事家から強烈な支持を得ました。

いやホント、こんなのを1万円以下でリリースされたら大変っす。改めてCBDの進化に感動し、今日も冷たい布団で寝ようと思っていたら・・・

なんと、喫煙用のCBDリキッドばかりだと思っていたAZTEC社から、お口でごっくんする「経口摂取」のCBDオイルがリリースされました!!!!!!!! 濃度はいきなり15%、さらにフルスペクトラムタイプなので、大麻草の栄養素を幅広く摂取できます。

「和み -Nagomi-」のこともあるし、これは期待できそうだ・・・ということで、早速レビューです!

AZTEC CBD 15%(1500mg)CBD OIL DROP 10ml / フルスペクトラム CBD オイル

では、まず外観から。

オナ染みの豪華な丸いパッケージ。ジョニ黒とかブリタニカなんかと一緒に棚に飾りたくなるクオリティです。

パッケージの中には、いつものサイズのCBDオイルが入っています。説明書のようなものはありません。

液体の容量は10ml。1500mgのCBD入りなので、濃度は15%となります。

価格が19,800円ということで、CBD 1mgあたり13.2円。なかなかの高コスパですね。

CBDの体験はCBDの含有量・濃度によって決まります。ちょーーー微量のCBDしか入っていなければ、やっぱり体験も弱くなるし、CBDの含有量が多くても濃度が薄ければ、大量に摂取する必要があります。アルコール度数なんかと同じですね。

個人的にはCBDの効果を体感するためには最低でも5%の濃度が欲しいです。それ以下の製品は、ぶっちゃけよく分かりません。ペペローションを舐めているような気分になります。

最近はCBD製品を販売するサイトも増えたけど、とにかく「CBDの含有量・濃度」の数値は要チェックです。宣伝文句ばかり大きなところに惑わされないようにしようゼ。

AZTEC CBD DROPSは「1500mg・15%濃度」という、ひじょーーーーに高い数値でCBDが含まれているため、数滴の摂取でも十分にCBDを味わうことができます。

フタの部分がスポイトになっています。琥珀色をした、少しトロみのある液体です。

では、早速飲んでみましょう。スポイトで吸い上げて、ベロの下に垂らします。とりあえず5滴くらいから。ポタポタポタ・・・。

んーーーー。

まぁ、オイル味ですね。いきなり苦いとか辛いとかはなく、まぁ、オイル味です。

すぐにごっくんせず、口中にオイルをとどめて成分を吸収させます。

んーーーー。

ちょっとずつ苦みを感じてきました。ケミカル系のような強い苦みではないので、余裕で耐えられるものではあるけれど、ウマイものでもありません。

んーーーー。

少しずつ飲み込むと、ノドに辛みを感じました。ピリっとする感じです。こちらも余裕で耐えられるけれど、完全に無味・無臭というわけではないので、苦手な方はチョコソースなんかと混ぜるのがよいと思います。CBDは「親油性」なので、脂分が多いものとは相性がよいです(反対に、水には溶けません)。

で、だ。

いやいやいやいや。さすが15%ですね。ふだん使いしている6%程度のCBDオイルとは、もわーん具合が違います。

正直、一番最初にAZTEC社の製品を見たときは少しナメていました。パッケージがすっごく豪華だったため、「そんなところにコストを使うなよ!中身で勝負よ中身で!」と。

が!

AZTECは違った!

パッケージの豪華さは「ゴマカシ」ではなく、「こだわり」だったのだ!!!!!!!!!!!

このクオリティでこの価格は、ぶっちゃけもう無双状態ではないかと!!!!!!!!!!!

今後の進化を予測する

喫煙用の「ブロードスペクトラム CBDワックス 和み -Nagomi-」は、CBDワックスとしては究極の姿だと思います。

CBDの濃度も、大麻草の栄養素も、フレーバーも、これ以上どう進化する? というところまで到達しています。

CBDオイルの場合、「オイルの状態を保つ」という前提があるので、あまり超高濃度にはできないでしょう(コーヒーに大量の砂糖を入れても溶けにくいように、CBDを高めまくると液体から粘体、固体へ近づいていく)。

また、即効性があるから「過剰摂取」になりにくいCBDリキッド・CBDワックスと違って、ゆっくり作用が始まるCBDオイルはあまり高濃度すぎると、危ないこともあるかもしれません(CBDの過剰摂取による事故は聞いたことないけれど)。

そうなると・・・

えーと・・・

分からん!!!!!!!!!

でも、いろいろとビックリさせてくれる製品をリリースしているAZTECなので、次もきっとすごいものが出てくることでしょう。

というわけで、「いまイチオシのCBDメーカは?」と聞かれたなら、いまの私は「AZTEC!!!!!!!!」と答えます。いい時代になったもんだー。

CBDオイル正規輸入販売 CBDLAB
cbdfx-terpenes-zero-set-banner

フォローする

-CBDオイル
-, , ,

Copyright© 扉の先通信 , 2019 All Rights Reserved.