あの扉の先を見に行こう

扉の先通信

※オトナの事情により、このブログにはいくつかのウソが混じっています

家庭用品

ウォーターダイレクトを解約したった

投稿日:2015年2月1日 更新日:

クリティア」の名前でサービスを展開している、ウォーターサーバーの宅配サービス、ウォーターダイレクトを約3年利用して解約しました。

2011年の震災後、ウチのいろんな基本を考え直しました。ダウンライトをすべてLEDに換え(白熱球を10個も使っていた)、シーリングライトも蛍光灯から調光・調色できるLEDタイプへ。万能な道具「バール」をベランダへ置き、収納がちらばっていたキャンプ道具を一カ所へ集結。

その中で契約したのがクリティアのウォーターサーバー。非常用の水をペットボトルで常備しているのもジャマくさそうだし、ウォーターサーバーならいつでもうまい水を飲みつつ、水道が止まってもしばらくは大丈夫だろうなという考えでした。

クリティアの水はものっすごく美味でした。特にコメとの相性がよく、10年前に早稲田祭でもらった炊飯器であることを忘れさせるような炊きあがり。

水そのもののランニングコストは月3,000円程度。電気代は+1,000円くらいになったような。不満点としては、ウォーターサーバーが「ぶいーん」と低いコイル鳴きをしがちだったことと、水のお届け日を変更するための「マイページ」が使いにくかったこと、そして「毎月2ボトル(12リットル×2)」は必ず届いてくるという仕様でした。

それ以外、まぁ不満はないってばなかったけど、定期的にいろいろ見直すのも大切かなと思って解約しました。

解約手続きそのものは電話一本で完了。電話をした日から2週間以内で日付指定をすると、ウォーターサーバーをクロネコヤマトが引き取りに来てくれます(水の配送は佐川急便でした)。引き取りまでに水を空っぽにしといてくれとのこと。

後日追加。
ウオーターサーバーを使わなくなったら、電気代が月に1,000円くらい安くなりました。しばらくは「バッグインボックス」タイプで過ごしてみます。

CBDオイル正規輸入販売 CBDLAB
cbdfx-terpenes-zero-set-banner

フォローする

-家庭用品
-

Copyright© 扉の先通信 , 2020 All Rights Reserved.