マガリスギ.net

このエントリーをはてなブックマークに追加

MAGARISUGI INFORMATIONS
最近は「クリスタルボウルのサイト」ばかり作ってます

「CBD/CBDオイルって何か調べてみたよ」

CBDとその加工物であるCBDオイルについて説明しているメーカーサイトの文章を読んでみました。

※いま、日本から購入するなら250mg Cannabidiol - Hemp CBD Oilが手頃です

読んでみたのはこれ↓
http://hempmedspx.com/about-cbd/

翻訳文は長くなるので最後に紹介するとして、三行でまとめると以下。

・CBDは産業用大麻から抽出される
・THCと異なり、精神を活性化させる効果はない
・CBDの効能についてはFDA(米食品医薬品局)の制約があるため明記できない

・・・まず、大麻には「カンナビノイド」という化学物質が含まれています。唐辛子に「カプサイシン」が含まれているのと同じ感じかしら。そのカンナビノイドの一種、「テトラヒドロカンナビノール (THC)」が精神活性(サイコアクティブ)物質で、THCを摂取することによって気分が高揚する「ハイ」になったり、じっくり落ち着く「ストーン」になったりします。お酒を飲んで陽気になったり眠ったりするのと同じですね。

日本では禁止されているソフトドラッグとしての大麻(以下、区別しやすいようにマリファナと書きます)では、いかにこのTHC含有量の多いマリファナを作るか、いかにTHCを壊さずに抽出して使用するかが重要視されてきました。

一方、大麻には繊維を取ったり油を絞ったりという、産業製品の原材料としての使い方があります(以下、区別しやすいように産業用大麻と書きます)。この産業用大麻においては、THCの量は関係ないし、THCが多いとマリファナとして使われてしまう可能性があったため、THCの少ない産業用大麻が開発されました。

日本でも、THCが限りなくゼロに近い「トチギシロ」という品種の産業用大麻が栃木県で栽培されていたり、天皇家(神道)の儀式のために奉納されています。

CBDはこの(THCの少ない)産業用大麻から抽出されており、THCとは異なるカンナビノイドの一種「カンナビジオール」です。CBDは天然の大麻に最も多く含まれるカンナビノイドです。

つまり、CBDはマリファナ(THC)とは違う、産業用大麻の製品で、どっちかっつーとマッサージ用のヘンプオイルとか七味唐辛子の麻の種とか、そっちに近いと思います。ヘンプ素材のズボンを履いてて怒られないのと同じで、規制の対象ではないから誰でも買えるし、輸入ももちろんできるし、持っていてドキドキするようなものではありません。

ましてや、合法ドラッグや脱法ドラッグの類とは完全に違います。健康食品のひとつです。トリップを求めたり女の子をヘロヘロにさせたいならお酒を飲みましょう(俺は一切飲みません)。

ただ、そのCBD、本来は精神を活性化させる効果のないCBDが難病に効いたとか、精神安定に効いたという報告があり、ごく一部で話題になっているようです。

私(まがり)は難病を患ってはいませんが、単純に知的な探求としてTHC以外のカンナビノイドがどのようなものか知りたいために購入してみました。

もひとつ補足すると、私は玄米菜食を心がけていたら精神が安定する~というような、自然志向の持ち主ではありません。精神安定なら魚介豚骨ラーメン食ってる方がよいと思います。なるべくフラットに物事を捉えています。

知的探求の結果はまた報告します。以下、英文をざっくり訳したものです。長いのでごゆっくり。意訳気味です。間違っているところはやさしくご指摘ください。

ここから↓

CBDって何?
CBD(カンナビジオール)とは天然の大麻に40%以上含まれる、最も多い含有量のカンナビノイドです。CBDは精神活性効果のないカンナビノイドで、THCに次いで最も研究されています。多くの研究者によると、CBDはこれまでに発見された最も重要なカンナビノイドかもしれません。

内因性カンナビノイドシステムって何?
内因性カンナビノイドシステム(ECS)とは最も新しく、最もエキサイティングな科学的発見です。ECSはリラックスすること、食べること、眠ること、特定の興奮反応、認知機能を調節します。体内で発見されたカンナビノイド受容体には神経系のCB1と免疫系のCB2の2つのタイプがあり、それぞれ脳と免疫系の中でもっとも豊富です。つまり、ECSはあなたの活動を支えるために重要なもので、小さな役割ではないのです(この、ECSに大麻のカンナビノイドが作用すると考えられています)。

なぜ産業用大麻がCBDのために栽培されるの?
マリファナとして使用される大麻はCBDが少なく、THCが多いのに対し、産業用大麻はCBDが多く含まれ、THCはもともと少ないです。私たちの産業用大麻はマリファナと同じカンナビス・サティバ・Lが原種と考えられますが、自社で特別な産業用大麻を開発してきました。

特別な品種と高度な植物遺伝学、そして最先端の生育技術の組み合わせによって、 CBDの非常に高い製品を一貫して製造することができています。 数十カ国で栽培され、アメリカへ輸入することができます。ドラッグとして使用される(THC含有量の高い)マリファナからCBDを取得する法的・実用的な必要はありません。

CBDは私の病気に役立ちますか?
FDAの規制のため、我々はCBDが特定の病気を助けることができるかどうかについての主張をすることはできません。ご自身で確認されるよう提案します。

健康な人にとってCBDは効果がありますか?
弊社の製品に興味を持つ、それぞれの人は個々の健康のゴールを持っています。当社の創業者には医療専門家もいますが、製品の利点について医療的な主張をすることができません。我々が臨床テストを完了して、当局の承認を受けるまで、CBD製品は(FDAのガイドラインに従って)栄養補助食品、または食品と見なされます。

それにもかかわらず、我々が消費者から受け取ったたくさんのフィードバックはものすごくポジティブでした。特定の健康関連の質問や懸念がある場合は、かかりつけの医師とCBDについて相談することをお勧めします。インターネット上にはCBDについての独立した研究も数多くあります。

CBDとTHCは同じものですか?
いいえ、まったく異なります。CBDとTHCはどちらも大麻に含まれるカンナビノイドですが、THCは「ハイ」か「ストーン」になります。CBDには精神活性効果がないのでハイになることはありません。

CBDの製品から「ハイ」得ることができますか?
当社のCBDは合法的に輸入できるよう、ドラッグとして使用される(THC含有量の高い)マリファナからではなく、産業用大麻から作られています。「ハイ」を得ることができるTHCの含有量が低く、CBDの多い産業用大麻を年月をかけて開発しました。娯楽用のマリファナは5%~20% ものTHCを持っています。

CBDの効果について主張することができますか?
いいえ。当社のCBDが豊富なヘンプオイル製品は販売されている方法に応じて2つの異なるカテゴリに分類することができます。食品か栄養補助食品です。我々のCBDは産業用大麻オイルの天然成分です。

ここまで↑

http://hempmedspx.com/about-cbd/より

・・・CBDオイルはマリファナやTHCとはまったく違うので、医療用の大麻への理解が得られる一歩になるかもです。マリファナ愛好家や偏ったスピリチュアリストが医療大麻解禁を訴えたところで世論はついてきません。CBDというもうひとつの可能性が、正しく広く拡がっていくことを望んでいます。

※勘違いされている方が多いので注釈
現在市販されているCBDオイルは世界中どこの国でも非合法になったことはありません。なので「CBDオイルが日本で合法化」というのは誤りです。同様に「法律の抜け穴を使った商品」でもありません。騒がずあまり期待しすぎず国家を闇雲に敵視せず、選択肢の一つとして静かに捉えていきましょう。

CBDオイル記事と商品のまとめはこちら


今日のオススメ:250mg Cannabidiol - Hemp CBD Oil

カテゴリ:

Copyright © 1997 - ∞. マガリ企画 LLC., All Right Reserved.
事前許諾のない転載・引用はおやめください。

マガリについて | メールを送る | Twitter | Facebook | Amazon | YouTube | クリスタルボウル